はすきーのスイスらいふ

2017年7月からスイスに住んでいる はすきーの日常のあれこれ。

🇨🇭ONE 〜出会い編〜

f:id:hskeyjpch:20170622170645j:plain

 

こんばんは、はすきーです。

 

 今日は なぜスイスに行くことになったのかについてお話ししようと思います!

 

 

ちょうど一年前、

私の地元福岡で スイス人の留学生と出会いました。

名前はミッキー。

綺麗なブルーの瞳に、ふわっとした優しい声

チャーミングな笑顔で

外国人のわりには小柄な21歳の男の子でした。

 

 

 

共通の趣味、ギターを通じて知り合った私たちは

会ったその日に意気投合して、いろんな話をしました。

 

 

私の好きなギタリストの話や、

彼の好きな音楽の話。

そのほかにも、仕事の話や家族の話などなど

とにかく話題が尽きなかったのを覚えています。

 

セッションに参加したのですが、ギターがすごく上手でびっくり!

みんなに褒められて、すごく赤面してました。

おシャイさんな性格で、その頃は日本語も上手じゃなかったので

私とばっかり英語で話していました。

 

それから一緒に帰ったのですが、

たまたま彼が住んでいたマンションは

私の住んでいるところから徒歩2分とすごく近かったのもあり

 

お茶に誘われたりして、

一緒にお出かけをしているうちに

あっという間に仲良くなって

 

気づけば恋人同士になっていました。

 

とにかく趣味や興味を持つポイントが一緒で

そこがお互い居心地が良かったし、

優しくてピュアな彼の性格に癒されていました。笑

 

 

そんな彼は4ヶ月の短期留学だったため、

楽しい夏はあっという間に過ぎ

帰らないといけなくなりました。

 

彼が帰る直前に、

彼のお兄さん達が日本に遊びに来て

ミッキーは私をきちんと彼女として紹介してくれて、

一緒にご飯食べたりカラオケ行ったりと楽しい時間を過ごす事が出来、

とても仲良くなったのですが、

 

最終日に長男から

『キーちゃん、僕は来月結婚式をするんだ。もし仕事が休み取れれば是非来て欲しかったなぁ。』と言ってもらえたため、

 

あまり考える間も無く行く事を決め、

スイス行きのチケットを取りました。

 

勤めていた会社も米系の企業だったため比較的すんなり休みも取れて

彼が帰国した翌月にはスイスの結婚式に参列していました。

思い立ったら即行動!笑

 

彼の住む場所を見てみたかったし、

ご家族にも会ってみたかったし、

会ったばかりなのに結婚式に招待してくれたのがとても嬉しかったからです。

 

 

これが私の人生で初のヨーロッパ旅行となりました。

 

彼の住む地域はスイスドイツ語という特殊な言語を話すので

全く言葉は通じませんでしたが(若い人は英語が話せたのは救いでした笑)

彼の家族はとても穏やかな、

家族想いの優しい人たちで

すぐにスイスが大好きになりました!

 

 チーズがとにかく大好きな私は、 

嬉しさのあまり、チーズを食べながら

スイス イズ マイ カントリぃぃーー!!!!!

と言って皆に爆笑されたのを覚えています。

 

でもこの時は、

 スイスに住むのありやなー(°▽°)🧀♡

こんなテンションでした(笑)

 

まさか〜自分が1年も経たないうちに、

スイスに住むことを決断するなんて思っていませんでした。。。

 

 part2へ続く(°▽°)➡︎